SEO対策:料理

タイトル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク


2011年3月11日、大震災が起こりました。
テレビを見ていて自然と涙がこぼれました。

実際震災にあっていない私自身信じられない出来事でした。

東日本大震災で被害に遭われた皆様には謹んでお見舞い申しあげます。
そして、共に一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。

そして、ご存知のように、福島原発が電源を失い、日本各地で放射能汚染がが広がっています。
本当に国の対応の遅さに怒りを感じない日はありません。

現在、汚染されたえさを食べた牛肉が高濃度のセシウムを含んだ状態で全国に流通してしまっています。

私は、食に対して安心だと信じていましたが、
この牛肉の件でやはり自分の身は自分でまもらなくてはと思いました。

そして自分なりにどんな事が出来るか?
さまざまな本やインターネットによって調べて見た事をまとめてみました。

まず、内部被爆を避ける事が必要だと分かってきました。
毎日口にするものによって体内で被爆してしまうと長期間被爆してしまいリスクが高くなる。
そして子供は大人よりずっと気をつけなくてはいけない点です。


1.野菜、肉、等産地に気をつけて買う。

また放射能を取り込みにくい食べ物・取り込みやすい食べ物の一覧があったので参考にしてみて下さい。

2.味噌と天然塩や海草類を意識的に食事に取り入れる。

味噌を取り入れると、放射性物質が体外に排出されるのが早いそうです。
塩をたくさん取った人が被爆症状が少なかったという記録があるそうです。

放射性物質のひとつ、セシウムは人間の体に必要なカリウムと似ています。
私たちの身体はセシウムをカリウムと思って取りこんでしまうと言われています。
その対策としてカリウムを多めにとって排出されるように促すことが推奨されています。
カリウムは主に海藻類に多く入っているそうです。

我が家ではぬか漬けと味噌汁やわかめ等の海草類を食事に意識的に取り入れるように心がけています。



3.調理する際にいくつか注意して調理する。

■肉魚は塩水で内部の水出し 野菜類は水洗いとあく抜き


食品のセシウムを減らすには、セシウムは水溶性のため表面をよく洗い、
煮物や煮付け、酢漬けや塩漬けなど食品から水分が出る調理法で、
ある程度除染できる。

具体的には、肉の場合は冷凍し、解凍してから4~5時間、塩水(濃度10%)に浸しておく方法がある。
魚の場合は、うろこ、ひれ、頭、内臓を取り、50~100グラム程度に小分けし、塩水(同4~6%)に1日程度浸し、時々水を交換すると87~99%取り除ける。

葉菜類は、水洗いとあく抜きが効果的という。

一方、ジャガイモ、ニンジンなどの根菜類は皮とへこんだ部分にセシウムが集まりやすいため、皮とへこみ部分を取り除いてゆでるといい。
果物もよく洗った後で、2~3時間水に浸すと効果がある。
(msn 産経ニュースより抜粋)

我が家では基本魚は食べない(外国で取れたものを買うようにしている)
肉類は産地に気をつけて買って、冷凍してから塩水に漬けてから使用するようにしている。
出来るだけ茹でてから茹で汁は一度すててから調理するようにしている。

買い物に行く度に頭が痛い・・・・。
買うものでいつも悩みながら選び献立をたてています。

自分で出来る範囲で自分を守る事が必要だと思います。
お子さんをもつママに少しでも参考になればと思い、私がこれは知っておいた方がいいかなあと思った情報をまとめてみました。

ご自身の判断で参考にしてみて下さい。





  




スポンサーリンク


スポンサーサイト
見た目は、さつまいもとよく似ています。
しゃきしゃきしてほんのり甘い食感でとっても美味しいです。

成分としては、ポリフェノールが豊富で、フラクトオリゴ糖を豊富に含んでるそうです。
このフラクトオリゴ糖は、ダイエット効果があり、虫歯になりにくく、おなかを調子を整える効果もあるすごい健康食品なのだそうです。

また、血中脂肪の改善や、血糖値の改善など血液を正常に保つ効果があります。

私もこれからしばらくヤコーンを取り入れた料理を作っていきたいなあっておもってます。


スポンサーリンク


・カロチンを豊富に含みでおり、カロチンには細菌やウイルスの対する免疫力を高める効果が期待できます。
また、油と一緒に摂取するとカロチンの吸収がよくなります。

・鉄分も豊富に含み貧血の解消にも役立ちます。



スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。